ニキビ別スキンケア

ニキビケア商品にはたくさん種類があります。しかし、自分のニキビに合わないものを使ってしまうと、さらにニキビが増える原因に。ニキビの状態によって対処方法は異なるため、適した方法でケアしていきましょう。

女の子ニキビの進行に合わせて説明していくと、初期段階は白ニキビ。毛穴に皮脂が溜まった状態で、このまま刺激を与えずに優しく洗顔、保湿をしていれば自然と治ります。この段階で潰してしまうと、潰したところから雑菌が入り炎症を起こしてしまう可能性があるため、綺麗に治すためにも潰すのは我慢しましょう。白ニキビが進行すると、皮脂が酸化した黒ニキビへ。こちらはピーリングなどで毛穴の汚れを取ると改善します。気をつけてほしいのはここからで、黒ニキビが進行すると赤ニキビへと変わってしまいます。赤ニキビは炎症を起こしている状態なので触ると痛みを伴い、下手すると膿の溜まった黄ニキビになってしまうことも。そうなる前にできる限りの対処を行いましょう。赤ニキビでは、とにかく肌を清潔な状態に保つことが大事。スキンケアを怠ると悪化してしまうので注意してください。

その時のニキビに適したスキンケアを行わないと、余計にニキビを進行させることになりかねません。自分のニキビはどのタイプかを見極めるところから始めてみてください。

角質によるニキビ

大人になってもニキビの悩みは尽きません。むしろ大人ニキビは思春期にできていたニキビよりも治りが遅く、慢性的にできていることもあります。また、ニキビのできる場所にも変化があり、あごやフェイスラインのUゾーンと呼ばれる部分にニキビが多くできやすいです。毎日の化粧は肌にも良くないため、なんとなく悪化してきている気さえします。

女性このような大人ニキビの原因は、肌のバリア機能が低下しターンオーバーが乱れてしまうことにあります。紫外線や乾燥などの環境的要因は肌の大敵です。このようなものが肌のバリア機能を低下させ、その結果角質層があらゆる刺激から肌を守ろうと厚くなり、ターンオーバーが上手に行われないのです。このような状態の繰り返しからニキビができてしまいます。多くの人が「このニキビは皮脂が原因」と思い込んで洗顔を頑張っていますが、それでは肌を守るものがなくなってしまい逆効果。大人ニキビの場合は、洗浄力の低い洗顔フォームを使用し、その後しっかり保湿することが大事です。徹底したスキンケアを心がけることで、徐々に肌のターンオーバーが正常に戻っていきます。

大人になると生活習慣の乱れや、化粧品の落とし残しなど問題が増加します。そのため大人ニキビは、意識的に改善しようとしないとなかなか治らないものです。肌の状態は時間をかけて変わっていくものなので、地道に少しずつ治していきましょう。

ニキビ別スキンケア

皮脂によるニキビ

ニキビには原因がさまざまあり、睡眠不足からくるニキビもあれば、化粧品の落とし残しからできてしまうニキビもあります。中でも多くの方が悩んでいるのは、皮脂の多さからくるニキビではないでしょうか。こちらは10~20代前半くらいの方に多い傾向がありますが、普段の食事によってはどの年齢の方でもなりうるものです。

からあげ皮脂が多いと毛穴が詰まってしまうため、炎症を起こしそれがニキビになります。皮脂が増えるのは成長期に増加するホルモンの関係で、これ自体は仕方のないこと。ほどよく皮脂を取り除いてくれるような洗顔フォームを使用しましょう。例えば、ニキビケア専用に作られたスキンケア商品は、このような皮脂ニキビに効果があります。皮脂を洗い流すことを目的とし、さっぱりとした使い心地のものが多いため向いているのです。また思春期を過ぎている方でも、普段から脂っこい食事ばかり摂っている場合は皮脂が過剰分泌してしまうことも。心当たりのある方は食生活を見直すだけでも効果があるので、一度自分の食べているものを確認してみてください。

皮脂の過剰分泌によるニキビは、食生活はもちろんこと使用するスキンケア商品を見直すだけで改善されるケースが多いです。毛穴が詰まってしまう前にできる限り予防しましょう。

角質によるニキビ

肌に効くスキンケア

ニキビは代表的な肌トラブルの一つです。ニキビケアに効果的なスキンケア商品も、今ではたくさん発売されています。そもそもニキビには2つの種類があり、1つは思春期ニキビでもう1つは大人ニキビです。思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因で起こりますが、大人ニキビは肌のバリア機能が低下することで起こるもの。ニキビというくくりは一緒ですが、効果的なスキンケア方法は全然違うものになります。

スキンケアニキビは毛穴に汚れが溜まった状態で、思春期ニキビは皮脂、大人ニキビは厚くなった角質層が溜まって起こります。厚くなった角質層とは、肌表面の潤いが足りないがために、肌自身が刺激から肌を守ろうと働いた結果できるもの。そのため、乾燥した肌でもニキビはできてしまうのです。それぞれのスキンケア法としては、思春期ニキビは皮脂をしっかり洗い流せるニキビ専用商品の使用、大人ニキビは保湿力の高い商品の使用で、炎症の悪化を防ぐことが可能です。また、大人ニキビの改善には肌のサイクルを正常に戻す必要があり、1~3ヶ月ほど使い続けなければ効果は実感できません。これには個人差がありますが、それでも少々時間がかかるのを覚えておきましょう。

どちらのニキビケアにも共通して言えるのは、肌への負担を減らすこと。例えば、洗顔時にゴシゴシこするように洗うなど、摩擦がかかるような行為には気をつけてください。この他にも当サイトでは、ニキビができた時のスキンケア方法について紹介いたします。ニキビに悩んでいる方はぜひお試しください。

皮脂によるニキビ