角質によるニキビ

大人になってもニキビの悩みは尽きません。むしろ大人ニキビは思春期にできていたニキビよりも治りが遅く、慢性的にできていることもあります。また、ニキビのできる場所にも変化があり、あごやフェイスラインのUゾーンと呼ばれる部分にニキビが多くできやすいです。毎日の化粧は肌にも良くないため、なんとなく悪化してきている気さえします。

女性このような大人ニキビの原因は、肌のバリア機能が低下しターンオーバーが乱れてしまうことにあります。紫外線や乾燥などの環境的要因は肌の大敵です。このようなものが肌のバリア機能を低下させ、その結果角質層があらゆる刺激から肌を守ろうと厚くなり、ターンオーバーが上手に行われないのです。このような状態の繰り返しからニキビができてしまいます。多くの人が「このニキビは皮脂が原因」と思い込んで洗顔を頑張っていますが、それでは肌を守るものがなくなってしまい逆効果。大人ニキビの場合は、洗浄力の低い洗顔フォームを使用し、その後しっかり保湿することが大事です。徹底したスキンケアを心がけることで、徐々に肌のターンオーバーが正常に戻っていきます。

大人になると生活習慣の乱れや、化粧品の落とし残しなど問題が増加します。そのため大人ニキビは、意識的に改善しようとしないとなかなか治らないものです。肌の状態は時間をかけて変わっていくものなので、地道に少しずつ治していきましょう。

ニキビ別スキンケア

Pocket